お疲れ様に効く話

明日から暦では休日ですね。今週も金曜日までお疲れ様でした。


毎日やることがあると、余裕のある時は大丈夫なのに、忙しくなってくるとちょっとした事でイライラしてしまうことはありませんか?


私もそんな時があります。
前にこんなことがありました。


何がきっかけでイライラしてしまったかは忘れてしまったのですが、その時私は車の助手席に座っていて、夫は運転をしていました。


私は無言になっていたのですが、ちょうどその時、西野カナのBest friendの曲がかかりました。


私はこの曲が好きなんですが、その時その歌詞が、私の胸に入ってきたんですよね。






〜ありがとう君がいてくれて本当よかったよ〜♪♪






私はこう思いました。

私何やってんだろう。そうだよな〜そばにいてくれてありがとうだよな〜(恥)







すぐに反省して気持ちを切り替えることができました。





この話をして何が言いたいかというと、


気持ちの切り替えができるきっかけを生活の中にたくさん仕掛けておくと良い


ということに気がついたのです。


どうにもならないことはたくさんあるけれど、けど、一つでもそういう自分の気持ちが助かるきっかけを見つけておくのは良い事ではありませんか。






私は昔、弱い自分を長いこと大切にしていなかったことがあります。


良いことは起きませんでした。
大きく調子を崩し、大切な時間をたくさん失いました。


もちろん得たものも大きかったですが、
自分が経験してみて、やっぱり目の前の人が病んでいくのは見たくないです。


だから、しつこく言わせてもらいますが
自分を大切にして欲しいんです。





忙しいと、これくらい大丈夫って思ってしまいがちです。




本当に大丈夫だろうか?

私は今楽しいのか?

悲しいのではないか?

目の前の人が楽しんでいるのか気にかけてあげる心の余裕は今の自分にあるのか?

一度、世間体を取っ払って考えてみて欲しいのです。

もしかしたら見直してみる時期かもしれません。






泣きたかったら泣く。


自分に正直に、助けて欲しいと言う。


意外と助けてくれる人はいるもんです。


だってあなたは頑張ってるんだから。






そんな風に、気づくきっかけになれるような雑貨店を私は目指しています。





卓上ティッシュケース緑.JPG



今回も最後までお読みいただきありがとうございました。


この記事へのコメント